汗のニオイお抑える豆知識

汗のニオイお抑える豆知識

 

気温が高くなって来ると汗が出てきてベトベトしてきます。特に梅雨の時期から蒸し暑くなってきて湿度が高くなってきたり台風がやってきたりと暑い日が多くなってきます。

 

満員電車や人混みの中などに行くと汗も多くなるので汗が出てきてベトベトしてきて早くシャワーを浴びてすっきりしたくなります。

 

汗をかくとどうしても気になってくるのがニオイの問題です。汗をかいたままにしておくと体臭の原因となってしまうので梅雨の時期から夏に向けての暑い時期は気を付けたいものです。

 

汗をかくと皮膚上ににある細菌や皮脂と汗が混ざり合って汗臭いニオイになってしまいます。汗は本来は無臭なのですが皮膚の上で細菌や皮脂と混ざり合ってニオイが発生するのには私も驚きました。

 

 

ここで汗のニオイお抑える豆知識なのですが、汗をかいたらウェットティッシュや水で濡らしたタオルやハンカチで汗を拭くのが汗を抑える良い方法となります。

 

汗を乾いたハンカチなどで拭いていてもニオイの基となる成分は拭きとれないので汗のニオイはどうしても出てしまいます。

 

その為、汗をかいたらウェットティッシュや水で濡らしたタオルやハンカチで汗を拭きとりニオイの基となる成分と一緒に拭きとるのが良いです。

 

 

汗を洗い流すと気分も爽快になる

 

暑い季節は汗をかきやすいので仕事で外回りをしていたり部活などで体を動かして運動していると汗をたくさんかいてベトベトです。

 

 

汗をそのままにしておくとニオイの原因になってしまうのでお風呂やシャワーを浴びて汗を洗い流すと気分も爽快となってスッキリします。

 

 

ただ今はボディソープが多く普及していますが従来からある石鹸より肌に対する刺激が強いので石鹸で洗った方がお肌に優しいと思います。

 

 

汗をかいたら細菌が増える前にしっかりと拭きとったりお風呂やシャワーで洗い流すのが良いので暑い季節にはこまめにお風呂やシャワーに入ってリフレッシュするのも良いかもしれません。

 

着替えをこまめにしてニオイを抑える

 

汗をかくと肌着やTシャツなど衣類に汗は吸いとられていきます。衣類の中には雑菌が多くいることがあるので汗と雑菌が混ざり合ってニオイの原因となってしまいます。

 

特に梅雨の時期など雨が多くジメジメしている事が多く洗濯をしたとしても外で干せずに部屋干しになる場合が多くあります。

 

洗濯物を部屋干しするとどうしても外で干した時よりも洗濯物が生乾きになったりして衣類が臭くなってしまいます。

 

その様な衣類を着たりして汗をかいたりすると衣類の中にある雑菌と汗とが混ざり合って汗臭いニオイの原因となりやすいです。

 

梅雨の時期など部屋干しが多くなる時期はできれば乾燥機を使って洗濯物を乾かした方がニオイの原因となる雑菌を増やさないので良いと思います。

 

汗をかいたら着ている肌着やTシャツなどの着替えをこまめにして汗臭いニオイがしないように対策をすると良いです。

 

職場や学校などでも汗をかきやすい時期には肌着やTシャツや靴下などこまめに着替えられるものは何枚か持って行って汗をかいたら着替えた方が良いと思います。

 

 

 

⇒ 多汗症改善7日プログラム 詳細はこちら

 

 

 

 

 
 

 
リスニングパワー